活動報告(お知らせ)

活動報告(お知らせ)

2020.12.18

2020年度 AED功労賞 受賞者発表!

2020年度AED功労賞は全国から15件のご応募をいただきました。
厳正な選考の結果、最優秀賞1件、優秀賞2件を選出し、表彰いたします。

【最優秀賞】 学校の救命講習を受けていれば、小学5年生でも命を救えるという事例として表彰

  小学5年生が父親を救命

 お名前:齋藤 優輝 様  

   齋藤優輝君(当時小学5年、11歳)は、突然目の前で父親が倒れるという場面に遭遇した。

  驚いたものの、心臓が止まったのではないかと冷静に判断して家族に119番通報を頼み、その後も救急隊が来るまで胸骨圧迫を続けた。電気ショックを行ったのは救急隊であったが、
  優輝君の的確な判断と懸命な胸骨圧迫、家族の連携が実って父親の命は救われた。
  優輝君は、横須賀市消防局が小中学生向けに開催している「スクール救命教室」を小学4年時に受講していた。今回の事例で小学校高学年に対する救命講習の有用性が立証された。

【優秀賞】 市民の命を守るための献身的な取り組みとして表彰

  家庭ごみ収集車へのAED搭載

 お名前:春日部環境衛生事業協同組合 様 

  春日部環境衛生事業協同組合では、可燃ごみの収集車27台にAEDを搭載させて“走るAED”として回収作業を行っている。また、組合員に普通救急救命講習を定期的に受講させ、
  市民の安心・安全な生活を守る取り組みを行っている。ごみ収集中の救命事例もある。

【優秀賞】 町民の命を守りAEDを身近なものとするための普及推進活動として表彰

 巡回車へのAED設置・公共施設内でのAED貸出し

 お名前:一般財団法人どんぐり財団 様

  一般財団法人どんぐり財団は、北広島町内を巡回する同財団所有の公用車すべて(4台)にAEDを搭載させて、不測の事態に備えている。
  また、同財団が管理している施設を利用するスポーツ団体にAEDを貸し出す取組みの導入や一般市民向けにAEDの講習会を実施するなど、AEDの普及推進に努めている。
  職員と利用者の連携による救命事例もある。



PAGE TOP

日本AED財団
〒101-0047
東京都千代田区内神田2丁目7-13 山手ビル3号館1階
TEL 03-3253-2111 FAX 03-3253-2119