日本AED財団とは

日本AED財団とは

ご挨拶

会長古川貞二郎
元内閣官房副長官・元厚生事務次官

人の命が医者によってだけでなく、現場に居合わせた市民によって救える時代がやってきました。
AEDという素人でも使える救命機器が開発されたおかげです。しかしそれを現場の人がとっさに使えるか、
となると、これは医学の域を超え、個人の善意や勇気、技能に関わってきます。
市民による救命を実現するには個人の力を発揮できる環境を整えることが不可欠です。
そこで我々は官民が一体となって様々な叡智を結集し、AEDを活用できる救命体制をAll Japanで築きたいと考え、日本AED財団を設立しました。一人でも多くの貴重な命を救うために、皆様のご協力をお願い致します。

副会長佐藤禎一
元文部事務次官

一昔前は近所の人同士が助け合って生活を営む相互扶助という仕組みが世の中にありました。
最近では近所づきあいが希薄になりつつありますが、それでも、いざというときには胸が騒ぐものです。
AEDによる救命はまさにそんな相互扶助の極地と言えるかもしれません。人のことを思い、人のために
一肌脱ぐ、それができるか否かは、幼い頃からの両親のしつけ、学校での学び、そして社会での経験によって左右されます。
こうして育った若者がいつか救命に手を貸すことがあるかもしれません。
そんな相互扶助が具現できる国ニッポンを日本AED財団は目指します。

理事長三田村秀雄

日本のAED分布密度は世界一と言われます。
そのAEDによって心停止目撃例の2人に1人は救えることが実証されています。それも医療のプロに
よってではなく、素人の市民の手によるものです。工夫をすればもっと多くの救える命を救えるに違いありません。

それには、AEDの戦略的配置を進め、設置場所の周知や搬送法を工夫改善することが効果的です。
さらに重要なのはAEDを活用した救命法の周知習得を促し、その普及に向けて国民全体の理解と協力を得る
ことです。
その過程では学校、メディア、インターネットなどを活用した市民教育の展開がカギになります。

AEDを市民が使用できるようになって10年目に立ち上げた「減らせ突然死プロジェクト」で得られた実績、
経験を基に、心臓突然死をさらに減らすためにその発展形としての「日本AED財団」を新たに設立し、活動していくことにしました。
医療、教育、スポーツほか各界から幅広く人材を求め、コラボ体制を充実させました。
本活動によって突然の心停止からの救命が当たり前の世の中となり、健康で安心安全の国ニッポンを世界に
アピールできるものと期待しています。 

組織図

名誉総裁


高円宮妃殿下

(50音順)

理事

会長・理事 古川 貞二郎 社会福祉法人 恩賜財団母子愛育会 会長
元内閣官房副長官
元厚生事務次官
副会長・理事 佐藤  禎一 元文部事務次官
元 ユネスコ日本政府代表部 大使
理事長・代表理事 三田村 秀雄 国家公務員共済組合連合会 立川病院長
慶應義塾大学医学部 客員教授
専務理事・業務執行理事 石見   拓 京都大学 環境安全保健機構 教授
特定非営利法人 大阪ライフサポート協会 副理事長
常務理事・業務執行理事 玉田  三郎 特定非営利法人 日本防災士機構 専務理事
常務理事・業務執行理事 早坂  義弘 公益社団法人 日本綱引連盟 常務理事
明治大学客員研究員
理事 飯沼  誠司 一般社団法人 アスリートセーブジャパン 代表理事
理事 遠藤  安彦 一般財団法人 地域創造 会長
元 自治事務次官
理事 尾崎  春樹 学校法人 目白学園 理事長
元 文部科学省国立教育政策研究所 所長
理事 桐淵   博 元 さいたま市教育委員会 教育長
理事 坂本  哲也 日本臨床救急医学会 代表理事
帝京大学医学部附属病院 院長
理事 田中  秀治 国士舘大学大学院 救急システム研究科 研究科長
国士舘大学 スポーツ医科学科 教授
理事・事務局長 武田   聡 東京慈恵会医科大学 救急医学講座 主任教授
特定非営利法人 愛宕救急医療研究会 理事長

監事

監事 飯島   歩 弁護士法人イノベンティア代表社員
監事 野田  博明 元 株式会社みずほフィナンシャルストラテジー 監査役

評議員

評議員長 張   富士夫 トヨタ自動車株式会社 相談役
評議員 今井   義典 立命館大学産業社会学部 客員教授
元 日本放送協会 副会長
評議員 近衞   忠煇 日本赤十字社社長
評議員 御手洗 冨士夫 キヤノン株式会社 代表取締役会長 CEO
一般社団法人 日本経済団体連合会 名誉会長
公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 名誉会長
公益財団法人 ラグビーワールドカップ2019 組織委員会 会長
評議員 横倉   義武 公益社団法人 日本医師会 会長

顧問

顧問 安藤  隆春 元 警察庁長官
三井住友海上火災保険株式会社 顧問
顧問 稲垣 精二 第一生命ホールディングス株式会社 代表取締役社長
顧問 大久保 好男 一般社団法人 民間放送連盟会長
顧問 江頭  敏明 三井住友海上火災保険株式会社 常任顧問
顧問 葛西  敬之 東海旅客鉄道株式会社 取締役名誉会長
顧問 黒岩  祐治 神奈川県知事
顧問 河野  一郎 公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 副会長
公益財団法人 ラグビーワールドカップ2019 組織委員会 事務総長代行
顧問 小室  一成 東京大学大学院 医学系研究科循環器内科学 教授
一般社団法人 日本循環器学会 代表理事
顧問 佐々木 敦朗 一般財団法人 救急振興財団理事長
元 総務省消防庁 長官
顧問 山口 寿一 一般社団法人日本新聞協会会長
株式会社読売新聞グループ本社代表取締役社長
顧問 田中  裕 順天堂大学浦安病院 救急診療科教授
顧問 丹呉  泰健 元 財務事務次官
日本たばこ産業株式会社 取締役会長
顧問 野口  宏 愛知万博記念災害・救急医療研究会 理事長
愛知医科大学 名誉教授
顧問 樋口  範雄 武蔵野大学 法学部 特任教授
顧問 平出  敦 近畿大学医学部救急医学講座 主任教授
顧問 平田  竹男 内閣官房参与
顧問 二川  一男 元厚生労働事務次官
東レ株式会社顧問
顧問 松田  昌士 東日本旅客鉄道 顧問
公益財団法人日本野球連盟 名誉会長
公益財団法人日本ユネスコ協会連盟 会長
顧問 武藤  敏郎 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 事務総長
元 大蔵・財務事務次官
元 日本銀行副総裁
顧問 村井  満 公益社団法人日本プロサッカーリーグチェアマン

AED大使

AED大使 有森 裕子 元 女子マラソン選手
AED大使 蝶野 正洋 プロレスラー
一般社団法人NWHスポーツ救命協会代表理事
公益財団法人日本消防協会 消防応援団
AED大使 山本 篤 プロアスリート
AED大使 青木 まり子 歌手
AED大使 中村 憲剛 プロサッカー選手

減らせ突然死プロジェクト実行委員会

石橋  由基   医師 慶應義塾大学医学部衛生学講習衛生学教室
  大坂  忠嗣 JR西日本あんしん社会財団 事務局長
  太田 修司 東京慈恵会医科大学救急医学講座 講師
  北村  秀実 関西学院大学 経営戦略研究科 教授
  喜熨斗 智也 国士舘大学体育学部スポーツ医科学科 助教
  島本  大也 京都大学 環境安全保健機構 特定助教
白川  和宏

川崎市立川崎病院救急科・救命救急センター
慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科博士課程公衆衛生・スポーツ健康科学専攻

関       祐介 社会福祉法人恩賜財団大阪府済生会千里病院
  仙波 希予志 日本赤十字社 事業局 救護・福祉部 健康安全課 課長
  立川  法正 筑波記念病院 救急科診療部長
  田邉 晴山 一般財団法人 救急救命東京研修所 教授
  千田 いずみ 京都橘大学健康科学部 助教
本間  洋輔 東京ベイ浦安市川医療センター 救急集中治療科 医長
  松岡  康子 NHK名古屋放送局 記者
  真鍋  知宏 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 専任講師
  矢崎  良明 学校安全教育研究所・事務局長
山下  誠二 さいたま市立常盤中学校長
埼玉県中学校体育連盟会長

PAGE TOP

日本AED財団
〒101-0047
東京都千代田区内神田2丁目7-13 山手ビル3号館1階
TEL 03-3253-2111 FAX 03-3253-2119